詐欺被害・調査
キテレツ大百科NAVI
『キテレツ大百科』の登場人物に関するデータ。声優やキャラクター解説などで登場人物の魅力にせまる。
熊田家
ブタゴリラ

声優
大竹宏
龍田直樹

キャラクター解説
準主人公。本名「熊田薫」(アニメ版のみ)通称ブタゴリラ・ブタコレラ・ブタゴジラ。勘違い・乱暴・三枚目という藤子系ガキ大将、いわゆるドラえもんのジャイアン的存在。しかし義理人情に厚く、風邪をこじらせた赤ん坊の頃のキテレツを助けるため奔走するなど、一面では語りきれない魅力を持つ。身長151cm。(その意味では、劇場版ジャイアンのキャラクター性に近い。)アニメ開始当初は分かりやすい意地悪なガキ大将としてキテレツ・コロ助に敵対することが多かったが、シリーズが進み、キテレツがしっかり者に変わっていくのと同様に次第にキャラクターが変化し、コロ助との掛け合いなどで、天然ボケや国語力の無さによる聞き間違いや誤解で笑いを取るコメディリリーフ(落語の影響も感じられるいわゆる下町の江戸っ子のような豪快なキャラ)に変化し、藤子系ガキ大将の中でも理不尽で強権的な面は薄いタイプに変わっている。他のガキ大将キャラとの差別化の意図はもちろん、シリーズ途中での声優変更も彼の持ち味変化には影響大であったと考えられる。本名の「熊田薫」や、家が八百屋という設定はすべてアニメ版独自で、原作でのブタゴリラの家は通常の住宅であり、家業は不明である。男女どちらに生まれても「薫」と命名される運命であった。本人は「薫」という女性のような名前に非常にコンプレックスを持っており、「ブタゴリラ」という蔑称のようなあだ名も、本名で呼ばれたくないために自分からそう呼ばせているものである。家業に誇りを持っているためか物事を何でも野菜に例えて理解したがり、野菜嫌いは許さない。野菜を愛しすぎるが故に、上級生の肉屋の息子とのケンカに負け、肉嫌いになりかけたことも。将来の夢は野菜デパートの建築。肥満体型に似合わず運動神経が抜群で足も速く、片手逆立ちも出来る。野球では小学生にしてカーブ、シュートと変化球を操り、バッティングでもクリーンヒットを連発し、持ち前のパワーでホームランも放つ。視力は両目とも2.0で、虫歯とも無縁。また、風邪をひいたことがない。体育以外の勉強は苦手だが、1日だけクラス委員を経験した。わけあってエアロビクス教室に通ったことも。新潟まで家出したこともある。スタイルは外出時は野球帽をかぶり、季節及び室内外を問わずいつも長ズボンと素足であり、素足のまま靴を履く姿はいかにもガキ大将スタイルらしくそれが彼の人気を押し上げた要因の1つである。作品中期頃からブタゴリラたちの付き合いより塾を優先させようとするトンガリにたいして「塾と○○(人物や物などの名前)、どっちが大事なんだよ!」という決まり文句を言って付き合いを強要するようになる。名実ともに、主人公キテレツを食う存在感の持ち主。ケンカに関しては弱く描写されることが多く、トンガリや五月、子供の頃の熊八などに負けている。脚本家雪室俊一曰く、中期〜末期の主役クラスとのこと。
出典:Wikipedia

木手英太郎
みよちゃん
みよ子の母
みよ子の父
野々花明彦
熊田熊八
熊田小百合
熊田虎七
熊田熊一郎
熊田みのり

懐かしいアニメ漫画HOME
プロゴルファー猿 エスパー魔美 キテレツ大百科 一休さん キューティーハニー グレートマジンガー 忍者ハットリくん ど根性ガエル 釣りキチ三平 漂流教室

キテレツ大百科NAVI
自己破産 化粧品・コスメ コスメ特集