詐欺被害・調査
キテレツ大百科NAVI
『キテレツ大百科』の登場人物に関するデータ。声優やキャラクター解説などで登場人物の魅力にせまる。
木手家
キテレツ斎(奇天烈斎)

声優
肝付兼太(TVSPのみ)
屋良有作
森功至(青年期)
阪口大助(少年期)

キャラクター解説
キテレツの御先祖様で、幕末の大発明家。本名:木手英之進(諱は不明)。若き頃、発明家として密航船に同乗、渡航しようとした際、難破。そこをフランスの文豪・AlexandreDumasの船に助けられた。以来、恩人Dumas先生のもとで執事として一時期、奉ずる事となった。Dumas先生からの信頼も厚く、「Japonet(ジャポネ)」の名を贈られた。江戸帰朝後は自分の数々の発明を「奇天烈大百科」として記す。幕末期(1859年)に人力飛行機での飛行を成功させるなどしたが、「怪しげな術を用いて世間を騒がせた」として捕縛された。公式記録では終身収監となり晩年は発狂したとされている。子孫キテレツとは何度か会っており、度々彼らのピンチを救うことに。キテレツ達は気づかないが、どの時期の彼も初めから子孫と気づいており、キテレツ達が気づく頃にはすでに別れの時といったケースが多い。292話「モーレツ斉登場」では、キテレツと対面してはっきり会話を交わしており、「英一」と呼ぶなど既に顔馴染みの様子であった。キテレツ斎のモデルはおそらく江戸時代の発明家、平賀源内だと思われる。尚、原作には「奇天烈斎」という漢字表記は存在しない。アニメには奇妙斎という弟子がいた。尚、直接関係はないが現代には奇天烈斎そっくりの顔に神通鏡に似た眼鏡をかけた定年退職した動物園の飼育係がいた。また、手塚治虫は前述の「怪しげな術を用いて世間を騒がせた」という部分を「奇動館」という短編で大幅に取り入れ、どこか奇天烈斎を思わせる先生の登場などキテレツを少し先取りしたかのような時代劇作品を執筆している(「奇動館」は1973年、キテレツは1974年発表の作品)。
出典:Wikipedia

キテレツ
コロ助
木手みちこ
木手英太郎
みよちゃん
みよ子の母
みよ子の父

懐かしいアニメ漫画HOME
プロゴルファー猿 エスパー魔美 キテレツ大百科 一休さん キューティーハニー グレートマジンガー 忍者ハットリくん ど根性ガエル 釣りキチ三平 漂流教室

キテレツ大百科NAVI
自己破産 化粧品・コスメ コスメ特集