詐欺被害・調査
キテレツ大百科NAVI
『キテレツ大百科』の登場人物に関するデータ。声優やキャラクター解説などで登場人物の魅力にせまる。
木手家
キテレツ

声優
藤田淑子

キャラクター解説
本名「木手英一」。発明の大好きな主人公。身長146cm。藤子作品の主人公としては、のび太(ドラえもん)、正太(オバケのQ太郎)、ミツ夫(パーマン)といったダメ人間揃いの中で優秀な部類であり、彼らからは一線を画す。アニメにおいては、当初は藤子アニメにおける主人公のパターンを守り、コロ助とセットでのび太的立ち回りだったが、次第にブタゴリラなど脇役が騒動の中心となり、発明品を使って学校や町内で起こる様々なトラブルを解決する「ドラえもん」のような頼れる存在になる。祖先から伝わる「奇天烈大百科」に記載された数々の発明品を復元することを趣味としており、コロ助もそのうちの一体である。登場する発明品はすべてキテレツの手作りであり、発明資金もお小遣いやお年玉からやりくりしている。そのため、発明品はふとした拍子に壊れてしまったり、修理費用をためるまで発明品が故障したまま放置されていたりする。一度発明に没頭すると周りが見えなくなり、徹夜してしまうこともある。小学2年生の頃から近眼になり市販の眼鏡をかけていたが、「神通鏡(大百科に書かれた不可視文字はこれでなければ見えない)」の機能を知ってからはこちらにかけ変えている(ただし、テレビシリーズ1話Aパートでは神通鏡をかけていない)。Kマークの入った赤いサンバイザーをいつも被っている(90分スペシャル番組、原作では、Kマークは入って居らず、緑色のサンバイザーを被っている)。同級生のみよちゃんに惚れており、アニメでは両想いとして描かれている。ただし、同級生や上級生がキテレツに惚れていると知ると、その気になってしまうなど、気が多いところもある(146話、289話)。発明に関わる知識は豊富だが、必ずしも学業成績には反映されない。勉強しているところを見てコロ助が驚くなどの描写があり、普段勉強はしていないものと思われる。ただしのび太のような劣等生タイプではなく、算数や理科は得意らしく好成績を取る描写がされている。その一方で国語は大百科の説明文を読み忘れたり、相手に説明したりするのが苦手でありのび太のような天然ぶりも見せる。また体育の成績も悪く運動会ではきまって足を引っ張る。運動神経のなさは父親からの遺伝で、体育のテストをサボるためだけの発明品を作ったほどである。苦手なものは、地震、ニンジン・セロリなどの野菜(後に食物変換ふりかけで味を変えて食べていたが、ブタゴリラにバレた後に普通に食べた時においしさを知り克服した)。将来はアメリカの大学に留学して科学をもっと勉強したいと思っている。そして未来では日本の家庭から包丁をなくす程の発明家となる。幼い頃に風邪をこじらせ、危うく死に掛けたことがある。多くの藤子アニメと同様2階の一室を一人部屋として与えられており、勉強机とは別にパソコン机がおかれている。小学生にしてパソコンを使いこなしており、発明品のデータベースを作ったり、ワードソフトを使ったり、パソコンゲームを遊んだりしている。ただし人差し指だけでタッチして文字入力するなど、必ずしも操作自体は上手くない。
出典:Wikipedia

コロ助
キテレツ斎(奇天烈斎)
木手みちこ
木手英太郎
みよちゃん

懐かしいアニメ漫画HOME
プロゴルファー猿 エスパー魔美 キテレツ大百科 一休さん キューティーハニー グレートマジンガー 忍者ハットリくん ど根性ガエル 釣りキチ三平 漂流教室

キテレツ大百科NAVI
自己破産 化粧品・コスメ コスメ特集